2019年1月23日(水)・24日(木)に開催された、統合医療展にて講演を行いました。

2019年1月23日(水)・24日(木)に開催された、統合医療展にて講演を行いました。

二日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催されました「統合医療展」。 年に一度の大きな医療・健康博でもある当展示会のオフィシャルセミナー会場にて、鶴見先生の講演「最新アメリカ医療と酵素医療」が開催されました。 医療関係はもちろん、製薬、栄養士、メーカー、学校、など多岐にわたる業界のお客様が聴講に訪れ、開講早々に会場は一杯に。

まずは、日本の食と医療の現状データをもとに説明。 日本の食に関しての問題を浮き彫りにしました。 その後、アメリカを中心とした食の取り組みと病気との関係を紹介。 その日会場で行われた他の講演とは、視点や角度が違う講演内容に徐々に注目も集まり、会場外での立ち見も出始めます。 最後は、国内外の最新の治験、実験データを交えて、日本の食・医療の警鐘を鳴らし、まとめました。 講演後も、一部のお客様が先生のもとに駆け寄る姿も。

50分と短い時間でしたので、だいぶ駆け足での講演となりましたが、長寿、健康、アンチエイジング、誰しもが望むこれららのヒントがちりばめられた講演でした。

また、2019年5月19日(日)に、森愛CLUB主催の講演会にて鶴見先生が講演をおこないますので、ご都合の合う方は是非お申込みください。
第8回講演会「真実の医療」の詳細はこちら。
第8回講演会「真実の医療」