診療について

健康維持のための朝だけ断食(ファスティング)

医師でさえ「朝ごはんをしっかり食べましょう」と言っているのですから、多くの人がそれを信じて、実行していることは、医師にも責任の一端があります。だからこそ、医師としての立場で責任を持って「朝ごはんを食べるのをやめなさい」という提案をしたいと思っています。

朝ご飯しっかり食べていますか?

みなさんは、朝ご飯をしっかり食べていますか?朝起きたばかりで食欲もないまま、「健康にいいから」とご飯に味噌汁、焼き魚に漬物、それとも「パンが好きだから」と、食パンにコーヒーに目玉焼きにサラダなどを食べている人も多いのではないかと思います。

健康について関心の高い人は、「朝食は1日の活力源でもあるからしっかり食べないと」と、野菜も炭水化物もタンパク質もしっかり摂って、バランスのいい食生活を送ることを大事にしているかもしれません。 しかし、その朝食こそが健康を害するものであると聞いたら、あなたはどう思うでしょうか。バランスがいいかどうかは関係なく、朝食をとること自体が病気の原因になるのです。医師でさえ「朝ごはんをしっかり食べましょう」と言っているのですから、多くの人がそれを信じて、実行していることは、医師にも責任の一端があります。だからこそ、医師としての立場で責任を持って「朝ごはんを食べるのをやめなさい」という提案をしたいと思っています。

朝食

朝食は身体を疲れさせる

朝食をしっかり食べる事が健康に繋がると信じている人はたくさんいるかと思います。 「朝食をしっかり食べないと、脳が働かず仕事や、勉強がはかどらない。」、「朝・昼・晩の3食しっかり食べないと太る」、「朝食を食べないと便が出ない」と言う方もいると思います。

しかし、ここに大きな問題がありました。 コンビニや飲食店など、街や人は24時間眠ることはなく、便利な世の中になりましたが、人間には生まれながらに刻まれた、生理的リズムがあります。朝起きて、昼に活動して、夜は寝ると言うサイクルがあります。 夜遅くまで起きていて体調が悪くなったり、夜中に食事して次の日調子が悪いという事を経験した人も多いのではないでしょうか。

人間には腸内リズムがあり1日24時間を、排泄・消化・吸収の3つに分けるサイクルがあります。 まず、朝4時~12時までは排泄の時間で、体内に溜まっている疲労物質や毒素、老廃物等の不要な物を排泄する時間になります。寝汗や、目が覚めてからすぐにトイレに行きたくなるのも、排泄のリズムに沿っておこる生理現象です。 正午~20時までは、栄養補給と消化の時間となり、20時~翌日の4時までが、吸収の時間となります。正午から20時までの間に食べた食事を消化し、20時~4時までに消化した食材を吸収します。 腸内リズムの時間帯で言うと、朝食の時間は排泄の時間のため、栄養補給をする時間ではないので、胃や腸などの消化器官は寝ている状態なので、消化不良をおこしてしまいます。さらに言うと、夜遅くに食べると太るというのは、20時~4時は吸収時間だからです。

排泄・消化・吸収

朝だけ断食を行う事でのメリット

朝食を取らない理由を何となくご理解いただけたと思いますが、朝食を抜くことのメリットについては、疲れやだるさ、肩こりやメタボ、高血圧やアレルギーの改善に効果があります。ただ、朝食を抜くだけでは胃腸を休めるだけで、体調不良が消えるとは言えません。そこで、重要になってくるのが、酵素です。 酵素は身体の中で、摂取した食事を分解したり、エネルギーを作り出したり、細胞の入れ替えや修復、有害な毒素や老廃物の排泄など、様々な役割を担っています。つまり、酵素無しでは人間は生きていく事ができません。

酵素は、体の中で作られる内部酵素の、消化酵素と代謝酵素があります。 消化酵素は食べた食物を腸で吸収できるサイズにまで分解する役割を担っており、代謝酵素は、細胞の入れ替えや毒素の排泄や、骨や筋肉の修復、免疫やホルモン、神経などの働きやバランスを整えています。この二つの酵素は体内酵素とよばれ、1日に作られる量が決まっているので上手に使う必要があります。 また、外部から取り入れる事が出来る外部酵素があり、生野菜やフルーツに多く含まれている食物酵素は、消化酵素と同じ働きをするため、一日に作られる体内酵素の量を代謝酵素に重点を置き作成されていくため、健康へと繋がっていきます。

排泄・消化・吸収

朝食を抜くと、消化酵素の使用量はゼロなので、その分代謝酵素の量を増やす事ができるため、健康維持のために酵素を使う事が可能になります。

食べる順番を見直す

食事は、基本的には何を食べてもかまいませんが、食べる順番を意識しましょう。必ず守ってほしいのは、生ものから口にすること。サラダや酢の物など、生野菜を使ったメニューを先に食べ、最初に酵素を取り入れて、消化と吸収をよくしておきます。 また、納豆やキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品も酵素をふんだんに含んでいるので、積極的に食べましょう。 食べたあとに眠気におそわれる人は要注意。食べ過ぎによる酵素不足が原因です。 肉料理や油っこい料理、炭水化物を食べ過ぎると消化酵素を大量消費するため注意が必要です。

食べる順番

まとめ

息をする、手足を動かすなどの日常的な動きから、消化・吸収、代謝など人間の生命活動に大きく関わることまでが、酵素によって行われています。 人体にとって酵素はなくてはならない栄養素です。体内に酵素がしっかり取り込まれていると、まずは食べ物の消化・吸収がよくなり、すっきりと排便し、代謝がアップ。この流れが健康な体作りのベースになります。

つまり、健康な維持するには酵素は必要不可欠です。酵素は生野菜やフルーツにもっと多く含まれているので、生野菜、果実などを、毎食1種類以上は食べるようにしましょう。

    
予防医療検診のご案内
ホルミシス療法
鶴見式酵素栄養療法
鶴見式水素療法
    

鶴見クリニックについて

鶴見クリニック開設のいきさつなど。東京都中央区八丁堀1-7-7 長井ビル4Fとなります。

鶴見クリニックについて

医療方針

西洋医学と東洋医学を統合した患者優位の「病気治し治療」に取り組んでいます。
診察に一人一人時間をかけ、徹底的に本質から治す方法(栄養指導・サプリメント指導・ホルミシス・他)にて治療を行っています。

医療方針

診療について

鶴見クリニックでは、「免疫強化」と「原因を改善」する治療を行っております。 抗ガン剤や放射線治療、薬などは副作用も懸念されるため、極力使用しません。 患者様の症状に対して、適切な処置、指導をしておりますのでご安心ください。

診療について

ご予約・お問い合わせ

鶴見クリニックは自由診療、完全予約制です

当クリニックでは、初診料として30,000円をご負担いただいております。

03-3553-7710

9:30 - 18:00 休診日/ 日曜・月曜・祝日

〒104-0032 
東京都中央区八丁堀1-7-7 長井ビル4F

メールによるご予約・お問い合わせはこちらから