「メタトロン:未来の医療を今に!全身の健康を見透かす革新的診断器のすべて」

「メタトロン:未来の医療を今に!全身の健康を見透かす革新的診断器のすべて」
「メタトロン:未来の医療を今に!全身の健康を見透かす革新的診断器のすべて」

皆様、こんにちは。今回は、ロシア発の全身の臓器の機能の良し悪しを把握できる驚異的な測定器、メタトロンについて詳しくお話しします。

メタトロンについて

メタトロンは、測定パットを人間の頭の左右のこめかみに当て、線を機械につなぎ測定する波動機器です。この技術の秘訣は、人間が東洋医学で「部分が全体」とされる考え方に基づいていることです。足の裏、耳、手の平、眼など全身が反映される部位が多数存在しますが、実は脳下垂体が最も鋭敏に全身を映し出します。メタトロンはこの脳下垂体にある全身の臓器の機能を測定することで、素晴らしい診断が可能になります。

この機器の歴史は、1980年代にソビエト連邦の科学者たちが軍事用技術として開発を始めたことに端を発します。非侵襲かつ高速で体の状態を分析できるため、戦場での迅速な医療判断を可能にする目的で設計されました。ソビエト連邦の崩壊後、この技術は民間に転用され、健康診断と予防医学の分野でその価値を発揮し始めました。ヨーロッパでは、その正確性と効率性から、多くの病院やクリニックで採用されています。メタトロンで示された測定結果は非常に信頼されています。

例1:副鼻腔が悪いと診断された場合

患者さんはしばしば「私は確かにいびきが酷いと言われています」と自覚症状と一致する反応を示します。さらに、メタトロンは「未病を察知できる機械」としても非常に価値があります。未病とは、現在は病気ではないが、放っておくといずれ本当の病気になる可能性がある状態を指します。

例2:メタトロンで直腸が悪く出た場合

将来的に直腸がんになる可能性があると警告してくれるため、予防のための適切な食事療法や生活習慣の見直しが可能となります。未病を知るための測定器としての価値が第一ですが、同時に、現在進行形の病気そのものも、ある程度は分かる検査機器と言えます。

メタトロンの診断は、病気の重さに従って、色が付けられるため、病気がしっかりある場合は、悪い色が付くのです。そこで、未病から現在進行形の病気かが判断出来るのです。この先進的な技術を活用して、より健康な生活を送りましょう。

当クリニックでは、最新のメタトロン検査を導入しております。メタトロン検査を通じて、身体の状態を詳細に分析し、個々の健康状態を把握することが可能です。これにより、健康リスクを早期に発見し、最適な健康管理をサポートします。詳しい内容やご質問がございましたら、ぜひ下記からご確認ください。

予防医療検診のご案内

無料ヘルスチェック
無料ヘルスチェック

予防健診について
予防健診について