鶴見医師に聞く「DHA油の必要性と魅力について」について

鶴見医師に聞く「DHA油の必要性と魅力について」について

DHA油は動物性であるから摂りたくないというヴィーガンの人がいます。
確かに、DHA油は魚から取り出してはいますが、あくまで油のみの内容です。動物性で怖いのは動物性タンパク質です。動物性タンパク質があらゆる病気の元だからです。DHA油には、その動物性タンパク質は全く含まれていません。むしろこの魚の油は、私は人間には極めて必要と考えます。何故なら、BBB(血液脳関門)を通り、脳に入る唯一の油だからです。脳に入り、脳全体に作用し、脳に対して大変良い作用をします。
普通の脂肪酸は脳にはいきません。魚の油の中でもEPAすら脳にはいきません。BBB(血液脳関門)が通さないのです。脳に入る油は、まさにDHAだけなのです。そういうわけで、DHA油は必須脂肪酸となっています(必須脂肪酸とは食物から摂取する必要のある油のことで、リノール酸系列とアルファリノレン酸系列があります。EPAとDHAはアルファリノレン酸系列のひとつです)。

DHA油を多く摂ると、次の作用をします。
脳の良い栄養素となり、脳内伝達物質が活性する
脳全般の機能を良くし改善する。勿論、記憶力も良くする。また脳の病気に極めてなりにくくなり、呆けにくくなる。初期の認知症は改善する。

次に、首から下では次の効果になります。
細胞膜の構成要素のひとつになり細胞膜を正常化
代謝が円滑になり、細胞の老化を防ぎ、あらゆる病気を予防する。また、プロスタグランディンE2という、炎症を起こす局所ホルモンの悪い作用を減らすことから、痛みを軽減したり、感染症や炎症を起こしにくくする。

DHA油には欠点は見当たりません。ですから、良いDHA油は人間には極めて必要とされています。
人間が健康になるためには、植物性の食物を中心に食べることがベストですが、唯一例外なのが魚の油なのです。 動物性タンパク質は動脈硬化を起こしやすいため、たまに食べる位でよいのです。なくても良いのです。

砂糖

砂糖菓子や小麦粉の単純炭水化物の油脂は、脳にいき中性脂肪に変換し、脳の動脈硬化を起こします。勿論首から下の臓器では、炎症や感染を起こす大元です。胃と腸では、細菌の餌になるため、感染症になりやすくなり、血液に入ると糖尿病に極めてなりやすくなります。それ故、極力食べないことが肝心です。動物性タンパク質と砂糖菓子や小麦粉食品は、大変怖い病気の元なのです。

植物性の食物(野菜、海藻、豆、茸、芋、雑穀米など)は人間を健康に保つ第一の食物。例外は、必須脂肪酸のDHA油です。植物性の食物に唯一加えたい油と言えます(EPAやアルファリノレン酸油も勿論摂って良いし、ココナッツ油やバターも悪くありません)。中でも片口鰯から抽出した鶴見式サーディンプレミアムは、傑作のDHA油と思います。それは、マグロと違って生物濃縮をしていないからです。