鶴見医師に聞く「日光浴の長所と短所」について

鶴見医師に聞く「日光浴の長所と短所」について

日光浴の長所

ビタミンD3が体に大量に入ることが第一の利点骨を丈夫にし、体を抗酸化にする

NO(一酸化窒素)が体の中で活性化する。
NO(一酸化窒素)とは、1988年、ノーベル医学生理学賞受賞した気体のホルモン。NO(一酸化窒素)が体に出ると、血管は拡張し、血流が急速に改善され、微小循環が極めて良くなり、その結果あらゆる臓器の機能が活性化し健康になります。
NO(一酸化窒素)は、日光浴と深呼吸と最高の酵素サプリメントやヴィーガンで出現。なお、微小循環が良くなると痛みやコリの大原因の乳酸が筋肉に出にくくなるのも長所です。

セロトニンが活性化される。
セロトニンホルモンは幸せホルモンと言い、これが活性化されると非常に心が安定します。精神的に大変落着き優しい心になります。そのため、健康的になるのですが、このセロトニンホルモンが活性化するポイントは次。
①日光浴
②ヴィーガンの食事(半分は生食)

グルタチオンが活性化
グルタチオンと言う坑酸化物質が、日光浴で活性化される。 つまり、日光浴は病気予防につながるのです。

日光浴の短所

紫外線の害
体の日光に当たったところに炎症が起こる。つまり、軽い火傷が生じる。 その結果、軽い皮膚炎が生じたり、後々シミやシワが出来る。

日焼け

日焼けが強いと、炎症が強くなります。炎症が酷いと火ぶくれて水泡ができます。炎症が収まるまで全身症状が出る場合もある。つまり、高熱、だるい、疲れる、眠い、あらゆる関節痛、頭痛など。
あまりに炎症が長引く場合、皮膚ガンになる場合もある。

日光浴の長所と短所の総合的な見解と対策
長所と短所のそれぞれありますが、最近では次のような見解が欧米の医学では多いです。 「日光浴は欠点や短所はあるにはあるが、対策をしっかり立てて生活すれればむしろ長所だらけ」 と言う考え方です。

短所で述べた、染みやシワや全身症状や皮膚ガンは、次で克服は可能なのです。
日光浴の短所の克服法
1. 酵素の多い、生野菜やフルーツを多く食べる。
2. 納豆やキムチや生の味噌と言った発酵食品を多くとる。
3. 日焼け止めを肌に塗り外に出る。
4. 極めて坑酸化のサプリメントを併用する(鶴見式酵素、鶴見式水素、鶴見式サーディン、T's CBDなどは優れもの)。
かような対策をたてて実行すれば、日光浴は長所のみとなります。

日光浴は坑酸化なものを食べ、しっかり対策しておけば長所だらけなのです。