当クリニックでは、光触媒による抗菌・抗ウイルス対策を実施いたしました。

当クリニックでは、光触媒による抗菌・抗ウイルス対策を実施いたしました。
光触媒

鶴見クリニックは、少人数完全予約制であり、感染症対策も万全のため、院内での感染リスクは極めて低いですが、訪れる患者様の安全を第一に考え、少しでも安心して来院して頂けるように、院内全てに光触媒コーティング工事を実施いたしました。

光触媒の抗菌・抗ウイルス効果により、感染リスクを軽減し、より安心・安全な院内空間を実現いたしました。

光触媒に関する詳細は、下記に記載いたします。

光触媒の消臭、抗菌の原理

光触媒とは?
光触媒とは、光をエネルギーとして物質に科学変化を起こさせる媒体すなわち触媒です。 自然界では、植物の葉緑素による光合成が、光触媒です。葉緑素は、光をエネルギーとして化学変化を起こさせ、 二酸化炭素と水分から、デンプンと酸素を作り出します。 光触媒反応を起こす物質としてポピュラーなのが酸化チタン(Tio2)です。

酸化チタン自体は、光触媒反応を作り出しても減る事がありません。 表面に光エネルギーを受けると強力な酸化還元反応を起こし、接触する有機物、雑菌などを炭素と水分に分解し無害化してしまいます。

酸化チタンとは?
光触媒反応を起こす素材としての酸化チタンは、白色の顔料や食品添加物として使われる極めて安定した物質です。 紫外線を吸収する事から、化粧品などに使われています。

光触媒の原理

光触媒の原理
酸化チタンの表面に光エネルギーが当たると、空気中の水分と酸素と反応し、OHラジカルなどの活性酸素を発生させます。 このOHラジカルは強力な酸化分解力を持ち、シックハウスの原因物質であるVOCなどの有機物や雑菌、インフルエンザウイルスなどを炭素と水分に分解し、無害化します。

OHラジカルは、消毒、殺菌などに使われる塩素、次亜塩素酸などよりはるかに強い力で、環境浄化を行います。
環境浄化

最新型光触媒の能力

光触媒の原理

酸化分解反応
壁などにコーティングされた光触媒に光が当たると、触媒反応によってその表面に活性酸素が発生し、浮遊する臭いの元やウイルス、 有機物質などを次々に分解していきます。 これまでの光触媒では、紫外線の入る窓際でしか効果が期待出来ませんでしたが、最新型光触媒は、室内の蛍光灯などの光エネルギーで、 効果を発揮します。

内装での光触媒機能

内装での光触媒機能