鶴見医師に聞く「PRA検査」について

鶴見医師に聞く「PRA検査」について

PRA検査開始

いよいよ、今年からPRA検査を開始します。最高の波動機器です。 人間の場合、髪の毛50本(先端部)ほど採取し計測します。サプリメントや食物ならばそのものを調べます。

判定基準

各項目に対して-21点から+21点の間が表示されます。非常に質が高い場合+21点以上計測される場合もあります。

+16点以上 非常に良好で体調なら絶好調。食物なら食べて大変健康に良い。
+10点から+15点 体調は良好。食物ならかなり良い。
+5点から+9点 可もなく不可もなし。
やや不調。日常生活に問題はない。食物ならこれも問題ない。摂ってもプラスにはならないが毒にもならない。
-2点から+4点 不調。日常生活に少し問題あり。食物ならば食べないほうが無難。サプリメントなら摂る必要は全くない。ろくな物ではない。
-9から-3 体調ならばかなり不調。
食物なら、かなり毒性あり。絶対食べないほうが良い。サプリメントなら摂る必要など全くない。食べたら風邪ひくか胃痛や腹痛が起こりやすい。また、病気に繋がる。
-15から-10 体調ならば絶不調。食物やサプリメントなら、大変な毒。食べ続けたら必ず病気に向かう。
-21点から-16点 体調ならば極めて悪性の状態。食物なら、農薬に匹敵の大変な毒。食べたら重症化。

人間の体を調べる場合の項目

あらゆる臓器。それぞれに渡って。 自律神経、血流、微小循環、ガンの有無、ガンの転移の有無、各ホルモン、ストレス程度、糖化、抗糖化、酸化、抗酸化、アンチエイジング、 認知症、アレルギー、精神状態、精神疾患、その他。
などほとんど検査する事が可能です。
ただし、絶対ではありません。

手軽に手に取れるお菓子を検査

手軽に手に取れるお菓子を検査
驚いたのは、チョコレート。抗酸化力がなんと-12点。他は-6から-2点の間。 クッキー、クラッカー、大福餅、おはぎ、ケーキ、スナック菓子、氷菓子も全て-3点以下。

いやはや、単純炭水化物は恐ろしいですね。

肉や加工肉、チーズ、牛乳、鶏卵はこれから調べますが、まず、マイナス点が予測されます。 また、サプリメント。一般の市販のサプリメントは、ほとんどが、-4点から+6点の間なのには驚きました。

+10点以上でないと体には良くないのに、これでは話になりません。アメリカで売られてる『最高の酵素』と言う触れ込みの 酵素サプリメントを調べたら、-3点から+3点の間ばかりでしたから非常に驚きました。アメリカ最高の酵素の名が廃ります。 摂る必要は全くない代物。
『日本で最も売れてる酵素』は-6から+3の間と言うとてつもなく悪い質のものでした。 まあ、作りかたが極めて悪いので納得。摂ると悪くなります。

鶴見式シリーズ

ところが、「鶴見クリニック」=「イムノカーサ」の鶴見式シリーズは、全てが15点以上と言う凄さ。 特に「鶴見式水素」は+21点から+24点ばかり。21点満点なのに、いくつも+21点を越えていたから驚き。
「鶴見式酵素」は+19点から+22点と言うやはり大変な凄さ。

「鶴見式ミネラル」も「鶴見式亜鉛」も「鶴見式サーディン」も「鶴見式SP乳酸菌」も「鶴見式ビデンス」もどれもが、+15点から+22点と言う高さ。
まさに、日本一のサプリメントが鶴見式シリーズと言えました。

結論

PRA検査で、高い得点を続けて飲んでいると、体調や健康はどんどん改善するし、健康になるし、若返ると言えます。
反対に、6点以下(特に-点)のサプリメントを飲んだり、食物を食べていると、少しづつ病気がちになって行きます。 市販の大半のサプリメントはほとんどがそう言った物ですから、気をつけたいものです。 鶴見式シリーズは、どれもこれも高得点で、大変お勧めなものばかりです。