鶴見医師に聞く「年末年始の健康」について

鶴見医師に聞く「年末年始の健康」について

秋は、「食欲の秋」で食べ過ぎて病気が増えましたが、冬は、本当はもっと病気が増えるのではないでしょうか?

その理由は次にあります。

1. 忘年会シーズン
12月は忘年会が頻繁に行われるため、毎日のように飲み食いの会が増えて、食べ過ぎ飲み過ぎる。

2. クリスマスの存在
クリスマスにパーティーが開かれ、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりする。それのみならず、クリスマスイブに付き物はケーキ。 この砂糖菓子がまた病気の最大の原因。

3. お正月の存在
お正月は長期間休みがあるため、この年末年始と同様に食べ過ぎたり飲み過ぎたりする。

4. 冬は運動不足
寒い季節は部屋に閉じ籠り運動不足になるが、その上に、1,2,3の食べ過ぎ飲み過ぎが加わり不健康になる。

5. 冬は魚が旨いシーズン

冬は魚が旨いシーズン

蟹、鰤、海老、鮭、鰯、イクラ、数の子、穴子、鯖、ウニ、赤貝、ホタテ貝と言った魚貝類が旨いシーズンこそ冬。
かような魚に合うのは、やはり、日本酒の熱燗。
また、ついでにステーキの旨いシーズンでもあるため、ますます食べ過ぎ飲み過ぎる。

つまり、運動不足にも関わらず、毎日食べ過ぎ、飲み過ぎてしまうのが年末年始。 しかも、肉、魚を食べる量は圧倒的に増える。

となると、当然なことだが、圧倒的に病気に直結する因子だらけになる。

  • ● 動物性蛋白質の過食
  • ● 動物性脂肪の過食
  • ● 甘い砂糖菓子の過食
  • ● そもそも過食
  • ● 夜どおしの食事
  • ● 運動不足
  • ● 酒類の過飲

かような因子があるのが冬ですから、不健康になる最悪のシーズンと言えるのは、当然ではないでしょうか?

対策法

最高に良く消化する酵素はまさに鶴見式酵素です。夜食を食べようが、食べて眠たくなっても、アルコールを飲んでも、 鶴見式酵素を普段の2~3倍、つまり、6~9カプセル飲むと、かような害はあまり出ません。 極めて良く消化する酵素だからです。