ホルミシス療法

低レベルの電離放射線の被浴が生命に有益な効果をもたらします

ホルミシスとは微量放射線のことです

「放射線とは体に悪いものなのでは?」と思う人も多いでしょうが、そんなことはありません。
短時間に大量の放射線を浴びることは確かに体に悪いです。
しかし微量の放射線は、逆に健康に役立つことが最近分かってきて注目を集めています。
また自然の放射線が多く出ている地区に住んでいる人々に大変健康な人が多いことが知られるようになってきました。
ある程度の放射線はむしろ必要だということなのです。

人に有用な少しの放射線を、放射線の権威トーマス・ラッキー博士は1982年に「ホルミシス」と命名したのです。

実験データ

当院でのホルミシス療法について

私のクリニックでは、ホルミシスが出る医療用の「コスモシート」「HSPドーム」「湯の花マット」を積極的に治療に使っています。ガンやリウマチ、その他難病を始めとして、ありとあらゆる患者さんに使ってもらってその効果を目の当たりにしています。

例えばガンの人にはやや強めのコスモシートとHSPドームで勝負します。
そうすると驚くほどガンマーカーが下がることが多い。(もちろん食養生やサプリメントの力もあります。)
リウマチの人は全身にこれらをぐるぐる巻きにすることで驚くほど痛みが軽減します。
まさにバードガスタインの温泉に行って治療するのを自宅で行うようなものです。

もちろん胃の悪い方や高血圧の方でも極めて効果的です。
ホルミシスの出る物質のもう一つの優れていることは、マイナスイオンが多く出ることです。
体の中がマイナスイオンで満たされることが、酸化を防止活性酸素を取るからです。
その意味では、このホルミシス療法は外から行う素晴らしい、マイナスイオン治療ということが言えるでしょう。
ホルミシス自体の力とマイナスイオンの力こそが、私の使っているコスモシートやHSPドームの力=効力と言えます。

これからの医療で欠かせないもの

診療について

医師紹介 鶴見 隆史(つるみ たかふみ)

西洋医学の限界を悟り、様々な代替医療を追求後酵素栄養学に出合い研究、アメリカヒューストンの酵素ドクター達と密に交流し学ぶことから、日本の酵素栄養学の第一人者として活躍中。

理事長紹介へ

診療事例集

鶴見医師の講演・セミナー

鶴見医師監修製品

鶴見医師監修の製品は、「鶴見式Ⓡ」のブランドで、現在、株式会社イムノカーサ及びその代理店でのみ販売いたしております。それ以外の製品は、使用されている成分や品質が異なりますので、くれぐれもご注意ください。

鶴見クリニックは…

鶴見医師の掲載メディア紹介

雑誌やTVなどで紹介された鶴見隆史のメディア情報をご覧いただけます。

メディア紹介へ

鶴見医師の書籍紹介

鶴見隆史の著書やお勧めの書籍を紹介しています。

書籍紹介へ

鶴見隆史理事長は、クリニックの業務に専念するため、NPO法人日本酵素栄養学協会の理事を辞任いたしました。尚、『鶴見酵素栄養学セミナー』は定期開催をしております。

詳しくは森愛CLUBをご覧ください。