酵素栄養療法

「生きた酵素をたっぷり取る食生活」は、痛みをなくす最善策

こんな症状はありませんか??

上記のような症状は体内の酵素不足が原因です。

食事に酵素がない、又は酵素が大変少ない食生活をしている。
食生活の中でも重要なカギを握るのが、「毎日の食事に、酵素が足りているがどうか」と、
「酵素を無駄遣いする食生活を送っていないかどうか」となります。

酵素とは何か

酵素

酵素には大きく分けて、人間の体外にある「外部酵素」と、体の中にある「内部酵素」の2種類があります。
体内酵素には、「消化酵素」と、「代謝酵素」の2種類があります。消化酵素は私たちが口から取りれる食物を消化し、体内に必要な栄養素を取り入れるプロセス(吸収)の中で、欠かせない酵素です。

一方、代謝酵素はあらゆる生命活動に関係しています。
これなしでは手を動かす、まばたきする、笑う、泣くといった目で見える動きができないのはもちろん、心臓が鼓動したり、血液が流れたりという基本的な生命活動もままならないというわけです。

つまり代謝酵素なしには、私たちは生きていけないということなのです。

人が一生に作れる酵素生産能力は限定されています。

生まれたばかりの赤ちゃんには、老人の数百倍の酵素が体内にあると言われています。
しかし年齢を重ねていくうちに、体内酵素は自然と減っていきます。
そのため自分の酵素生産能力をはるかに上回る量の酵素を消費する生活をしていると、あっという間にあなたは「酵素不足」な体になっていまいます。

暴飲暴食を頻繁にしたり、消化に時間がかかる肉や魚などの動物性たんぱく質の過剰摂取、夜寝る前に食事をする習慣などを続けていると、消化に酵素が大量に使われてしまいます。
喫煙や過度のアルコール摂取も、酵素を消費します。

こういった悪習慣を続けていると、代謝酵素が不足して、
様々な体調不良へとつながります。
酵素不足が長年、続くとガンをはじめ、
あらゆる慢性疾患にかかる確率が高くなってきます。

痛みを取り除き、体を再生する「代謝酵素」を温存する

人間も動物も、体内の代謝酵素が少なくなると、病気にかかりやすくなります。
特にガンや膠原病などの難治性の病気は、代謝酵素不足と密接な関係があるのではないかと、私は思っています。
酵素は人間の体内で「生命力を持ったつなぎ役(媒介)」として、消化、代謝、運動、排泄などのあらゆる生命活動をするのに欠かせない存在です。

すべての化学反応、生物反応は酵素なしではすることができないのです。

一方で、生きた酵素たっぷりの食生活を続けていると、体の痛みが取れてくるのはもちろん、
肌がきれいになったり、痩せやすい体質になるなど、多大な美容効果も期待できます。
美しく健康に長生きするには、酵素は欠かせない存在なのです。

不足しがちな体内酵素を補う食生活指導、「酵素で食養生」を鶴見クリニックでは指導しています。

診療について

医師紹介 鶴見 隆史(つるみ たかふみ)

西洋医学の限界を悟り、様々な代替医療を追求後酵素栄養学に出合い研究、アメリカヒューストンの酵素ドクター達と密に交流し学ぶことから、日本の酵素栄養学の第一人者として活躍中。

理事長紹介へ

診療事例集

鶴見医師の講演・セミナー

鶴見医師監修製品

鶴見医師監修の製品は、「鶴見式Ⓡ」のブランドで、現在、株式会社イムノカーサ及びその代理店でのみ販売いたしております。それ以外の製品は、使用されている成分や品質が異なりますので、くれぐれもご注意ください。

鶴見クリニックは…

鶴見医師の掲載メディア紹介

雑誌やTVなどで紹介された鶴見隆史のメディア情報をご覧いただけます。

メディア紹介へ

鶴見医師の書籍紹介

鶴見隆史の著書やお勧めの書籍を紹介しています。

書籍紹介へ

鶴見隆史理事長は、クリニックの業務に専念するため、NPO法人日本酵素栄養学協会の理事を辞任いたしました。尚、『鶴見酵素栄養学セミナー』は定期開催をしております。

詳しくは森愛CLUBをご覧ください。